経営理念

経営理念

会社方針

創業者である塩澤良人(故人)が、戦前から戦中にかけて、東京・蒲田にて機械工として訓練を受けていた時代に学んだ事を基にしています。当時の訓練から【恒産無き者恒心なし】という孟子の言葉、そして【恒心】の心でモノづくりに励む大切さを知った創業者が、1960年の創業以来この「恒心」の気持ちを大切にしてモノづくりそして経営に取り組んできたことから、「恒心」のココロでモノづくりに取り組み続けることを全ての従業員の共通の認識としたいという考えのもと企業理念として 2000年(平成12年)に制定しました。具体的に持つべき心を「正しい心」「偽りのない心」「純粋な心」という三つに分解し、考え方の行動の基本となるよう示しています。
【恒産無き者恒心なし】という言葉は孟子が孔子の教えを分かりやすく説いたものといわれています。一般的には「一定の財産や生業のない者は、定まった正しい心がない。生活が安定しないと、精神まで不安定になる。 」という意味のようですが、私たちは「仕事はもちろん、前向きに勉強や努力をしない者には恒心の心は宿らない。恒心の気持ちでモノづくりに情熱を持って取り組んでいこう」と解釈しています。
この「恒心」のココロでモノづくりに真摯に取り組むことが社業の発展そして地域や社会への貢献へと繋がっていくと考えています。